可燃性連鎖

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 | --:-- |
057:鏡(瀧口康嗣)
手鏡が空に傾くときにある太陽は三つの球を見る
| 題詠100首blog | 18:13 | トラックバック:0コメント:0
056:とおせんぼ(瀧口康嗣)
蔦が這う もしもわたしがひとならばとおせんぼうをゆるしはしない
| 題詠100首blog | 19:52 | トラックバック:1コメント:0
055:頬(瀧口康嗣)
冷たくて小さい顔の弟を頬張ったまま冬が輝く
| 題詠100首blog | 19:42 | トラックバック:0コメント:0
054:虫(瀧口康嗣)
ネクタイを虫取り網ですくったら花火で焼いて夏を終えよう
| 題詠100首blog | 23:06 | トラックバック:0コメント:0
053:ブログ(瀧口康嗣)
旅人の練習をしていた友が突然日々のブログを閉じた
| 題詠100首blog | 23:01 | トラックバック:0コメント:0
052:舞(瀧口康嗣)
ひざまずきあやめるように「舞鶴」と書いて筆から青い血を抜く
| 題詠100首blog | 18:53 | トラックバック:0コメント:0
051:しずく(瀧口康嗣)
雷鳴は窓を傷めてこの夜に終わりからいくつめのしずくを
| 題詠100首blog | 23:58 | トラックバック:0コメント:2
050:萌(瀧口康嗣)
ありえない世界に萌えて助けるよ僕は僕らの友達だもの
| 題詠100首blog | 21:52 | トラックバック:0コメント:0
049:戦争(瀧口康嗣)
起こるより起こすのだろう 戦争が見えない日々のこなごなの色
| 題詠100首blog | 00:45 | トラックバック:0コメント:0
048:アイドル(瀧口康嗣)
アイドルと昔呼ばれた人たちが生かされて生き抜いてくドラマ
| 題詠100首blog | 00:05 | トラックバック:0コメント:0
047:辞書(瀧口康嗣)
眠らせる書庫で見つけた辞書だから耕すようにひらいてしまう
| 題詠100首blog | 01:14 | トラックバック:0コメント:0
046:凍(瀧口康嗣)
街だったのがひび割れてフィルムには解凍できない森があるね
| 題詠100首blog | 01:11 | トラックバック:0コメント:0
045:コピー(瀧口康嗣)
囁けばすべて良かった星空のコピーライター養成プール
| 題詠100首blog | 22:06 | トラックバック:0コメント:0
044:飛(瀧口康嗣)
最期まで本当に飛魚だった 秋刀魚一匹八十四円
| 題詠100首blog | 12:37 | トラックバック:0コメント:0
043:曲線(瀧口康嗣)
遠いとは涼しむことだ曲線で消える晩夏に捧げるボギー
| 題詠100首blog | 18:03 | トラックバック:0コメント:0
042:豆(瀧口康嗣)
枝豆もこの星も茹で上がったら土星で少しくるくるしたい
| 題詠100首blog | 18:00 | トラックバック:0コメント:0
041:こだま(瀧口康嗣)
不愉快がこだましながら強くなり席を立つ まだ惑星にいる
| 題詠100首blog | 04:35 | トラックバック:1コメント:0
040:道(瀧口康嗣)
雨音を聴くうちバニラビーンズの夜に舗道が増えた気がした
| 題詠100首blog | 02:45 | トラックバック:0コメント:0
039:乙女(瀧口康嗣)
理性とはいつかの夢の水槽で藻を食べていた乙女のフォーク
| 題詠100首blog | 02:37 | トラックバック:0コメント:0
前ページ | ホーム |

プロフィール

TAKIGUTI Koji

Author:TAKIGUTI Koji


1984年生まれ。学生。
好きな作家は森博嗣さん。
苦手なものは薄い皮膚と血と嘘。

「題詠blog2007」
期間内に完走できず。
それでも現在、まだ作っている。



最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター

ブロとも申請フォーム
ブログ内検索

RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。